我が家の愛犬が旅立ちました

前回から日が経ってしまいました。

9月も後半に差し掛かり、

台風が過ぎ去った今日はなんだか一段と涼しくなったように感じます。

 

先日、我が家の愛犬(と言っても飼い主は両親ですが)が、

天に旅立っていきました。

以前から調子が悪く、検査の結果は脳腫瘍で、

8月地点では余命2ヶ月との診断がでていました。

調子のいい日にはまだまだ元気で走り回っていたのですが、

その日は突然やってきました。

ペットを飼っている方は誰でもそうだと思いますが、

動物といえど大切な家族の一人です。

家族がいなくなるって本当に悲しく辛いことです。

両親みたいにずーっと一緒にいたわけではないですが、

心にポカンと穴が空いたような、なんだか寂しい日が続いています。

小学生の末っ子は、なかなか受け入れがたい出来事だったようで、

ずっと泣きじゃくっていました。

末っ子にとって愛犬は、一人の時間を一緒に過ごしてくれる、

大切な家族だったのです。

「ちょっと買い物に行こうか?」と声を掛けてもいつも、

「ラム(愛犬)が一人になるからおっとく。」と、

とても愛犬を愛していました。

私も仕事の帰りが遅くなることがあり、末っ子が一人になるときがあるので、

またペットを飼おうかと迷っています。

末っ子は「もう死ぬのを見たくないからいらない。」と言いますが、

ペットだって人間だっていつ死ぬかなんてわかりません。

日が経つに連れ段々と心の傷が癒えてきたのか、昨日いきなり、

ゴールデン・レトリーバーが良い!!」と言い出す始末。

いやー、大きい犬はちょっと・・・(汗)

「じゃあ白ポメラニアン!!」

えー、カットにしょっちゅう行かないといけないし・・・(汗)

「じゃあトイプードル!!」

確かに可愛いけど高いし・・・(汗)

パグかフレンチブルドックが良いんじゃない? 

「えっ、全然可愛くないし。」

全く意見の合わない母と娘。

いつかまたペットを迎える日がくるのかな・・・。

 

 

本を読んで感じたこと

やっと朝晩が過ごしやすくなってきました。

9月に入り日中はまだまだ暑い日が続きますが、

少しづつ秋に向かっている今日このごろです。

 

先日、コーチからの課題本18冊を読み終えました。

マネジメント、アウトプット、心理学・・・

さまざまな分野の本を読みました。

1冊1冊の内容は分野も違えば、すべて違うことが書かれているのですが、

すべて読み終えて感じたこと。

すべての本が点と点で線となり繋がっているということ。

本を書くって、それだけですごい人たちなのでしょうが、

そういう人たちは何度も失敗してどん底に落ちて何度も挑戦してを繰り返す。

そういった過程の中で表現は違えど伝えようとしていること(点)が

すべて線で繋がるのです。

そしてもう1つ。

その点や繋がっている線が、コーチそのものなのです。

本当に言葉がでないというか、

ただただコーチはすごい(ずっと前から思っていましたが)・・・

という思いでいっぱいでした。

今はそんなコーチのもとで2度目の修行中です。

勉強になることばかりでとても楽しく仕事ができます。

コーチには本当に感謝しています。

 

そんな最高の環境に恵まれて仕事ができているのですが・・・

課題本を読み終えて、

自分はこれから先、何をしたいのだろう?

自分の目標って何なのだろう?

自分の強みって何なのだろう?

という壁にぶち当たっています。

これやってみたいなと思うことはあっても、

それを本当にやりたいのか、それが目標なのかと言われると、

「そうです!!」

とは言えない自分がいる・・・。

今までにないくらい迷想中です(T_T)

 

 

礼儀正しくなるためには 〜続き〜

末っ子がTikTokが大好きで、毎日踊ったり歌ったりしています。

それを見ながらやっとやっとで私も覚えて歌っていると、

「もうその歌、流行ってないし。ヤッバ、ヤバすぎるー。(爆笑)」

とバカにされる今日このごろです。

 

さて前回の続きです。

礼儀正しくなるためには自分で自分の良い状態をつくりだす。

良い状態をつくりだすためには、

「食べる」「眠る」「動く」というお話をしました。

 

「動く」

日常的に運動をする。

運動には認知能力を高める効果があり、気分を憂うつにさせる頭の中の雑音が

消えることもあると言われています。また、体内の毒素を消しストレスを軽減

する効果や注意力も高まるそうです。

 

「食べる」「眠る」「動く」の他にも、

瞑想やヨガで精神を鍛えるのも良いそうです。

心身の状態を整え、集中力を高めることができるため、他人に対する態度も改善

される可能性が高いのです。

デューク大学医科大学院の調査結果によると、

エトナ(保険会社)の社員に週に1回ヨガをした結果、ストレスレベルが3分の1に

軽減されたという結果が残っています。(医療費は年平均で2,000$軽減)

私もヨガをやっていますが、これは本当にオススメです。

なぜだかわからないのですが、

ヨガをやっているときだけ頭の中が空白になり、

余計なことは一切考えることなく集中できる時間をつくれます。

ヨガをやったことない人は、ぜひ一度やってみてください(^^)

 

礼儀正しさとは。

表面上だけ礼儀正しくしているだけでは、どこかで必ずボロがででしまいます。

本当に礼儀正しい人は、

いつも自分を大切にしていて、自分のことをよく知っている。

礼儀正しく振る舞おうと意識しているのではなく、

自然とでてくるものなのかなと感じました。

何をするにも、自分が良い状態でなければ良い結果も期待できませんし、

ましてや他人に対して礼儀正しくなんてできません。

言動が良い方向に変化すれば、それは自分の能力を活かし、

仕事でより良い成果をあげることにもつながることでしょう。

 

礼儀正しくなるためには?

8月も終わりに近づいてきました。

末っ子は今日から(31日までは出校日扱いですが)学校です。

変わらず暑い日が続きますが、

寒がりの私には朝はいくらか過ごしやすくなったように感じます。

 

さて。日が空きましたが前回の続きです。

礼儀正しくなるためにはどうすればいいのか?

それは「自分の状態を良い方向に保つこと」です。

これは何をするにも言えることでしょうが、

自分の状態が不安定だと何をするにも結果や成果は見えてきません。

自分がイライラしている、悲しみにくれている、怒っている・・・

そんな状態で礼儀正しく振る舞えるでしょうか。

何か良いことや嬉しいことがあったときを想像してみてください。

自然と口角があがっていませんか?

そんなときって、周りの人に優しくできていたりしませんか?

そういう良い状態を自分でつくりだすのです。

とはいえ「24時間365日ずっと良い状態でいられるか!!」

と言われると確かにそうですが、

少しでもその時間を多くつくりだすかは自分次第です。

 

ではどうやって良い状態をつくるのか。

それは意識すれば誰にでもできることです。

「食べる」「眠る」「動く」

そう、これは誰にでも共通する生活習慣です。

 

「食べる」

健康的な食事をしていれば、脳内のブドウ糖の量が一定以上保たれて、

良い態度を維持できる。1回の食事を軽くして回数を多くするとより良いそうです。

食事内容は、40%穀類、40%果物・野菜、20%タンパク質豊富な食物がGood。

「眠る」

睡眠が不足すると脳内のブドウ糖の量が減り、自己制御・自己規制の能力の低下に

繋がります=言動が無礼なものになりやすいのです。理解力低下・他人の感情や意図

を正しく読み取る能力の低下、自分の感情表現がコントロールできなくなる、常識を

逸脱した行動が増える、他人に対する寛容度が下がる、倫理に反する振る舞いが

増える、リーダーと部下の間の関係を悪化させる、同僚間で助け合う気持ちも減退

させる。また、自分の言動が他人に悪影響を及ぼしていることに気づきにくい状態に

なるのです。

正に半年前の私はこの状態でした。反省するとともに、チームのメンバーに申し訳

ない気持ちと不甲斐なさとで言葉がでませんでした・・・。

睡眠って本当に大事ですよね。

 

長くなりましたので、続きはまた次回へ。

礼儀正しい人ってどんな人?

前回の投稿から日があいてしまいました。

ここ最近、夜の仕事(介護関係の仕事です)が多く、

お風呂から上がるとぐったりしている毎日です。

そんな中、ウトウトと布団の上で携帯を見ながら、

Amazonで商品をカートに入れたものを買おうか迷っていると・・・

ウトウトから目が開いたときには既に「商品が注文されました」って。

たまったポイントで買おうと思っていたものだったので、

まーいっか!ということにしておきましょう。

 

さて、みなさん。

自分の言動が「礼儀正しい」と言えるかって考えたことがありますか?

自分の周りに礼儀正しい人っていますか?

Aさんはいつも笑顔で言葉や行動も丁寧だよね。

Bさんは高い役職についていても自分が特別と思わず人に接するよね。

Cさんは必ず相手の話を聞いて受け止めてくれるよね。

などなど、たくさんあると思います。

礼節ある人が守る3つの原則は、

「微笑む(笑顔)」「相手の存在を認める」「話を聞く」

ということだそうです。

そして、この3つの原則の前に身に着けておきたい基本の言葉として、

「お願いします」「ありがとう」

というものがあります。

みなさんもご存知とは思いますが、

世界でも有名なバスケットボール選手のマイケル・ジョーダン

国民的スーパースターですよね。

だけど彼は自分が特別な人間だと思うこともなく、

「誰ひとり特別でいるべきではない。全員が重要なのだ。」

ということをよくわかったうえで人に接していたそうです。

役職や年齢などで「自分のほうが上(特別)だから」と思っている人を

目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そういう人って全て言動にでてしまうのですよね。

自分の地位を利用して命令口調で話したりねw

でもマイケル・ジョーダンは誰に対しても、

「お願いします」「ありがとう」が言える素晴らしい人なのです。

私のコーチもそうです。

必ず「お願いします」「ありがとう」と言ってくれます。

 

礼儀正しさこそ最強の生存戦略であると言われるくらい、

「礼儀(礼節)」って本当に大切なことなんだと思います。

じゃあ礼儀正しくなるためにはどうしたらいいの??

それはまた次回投稿することにしましょう。

自分だけが成長することが自己成長ではない

「自己の成長」

意欲ある人であれば誰もが望んでいることと思います。

もちろん私もそのうちの一人でした。

成長したいと日々頑張ることはとても良いことだし素敵なことです。

ただそればかりに気持ちがいってしまうと、

大切なものを忘れてしまう時があります。

 

少しでも早く成長したい。

その思いばかりが先行して、

自分のことしか見えていない、もしくは見ていない。

自分が尊敬する人の声しか聞き入れない。

無意識のうちに他人を傷つける言動をしている。

そして・・・

自分が一番頑張っていると思い込んで行動してしまう。

 

今までの自分から距離をおき、物事を客観的に見れるようになって、

昔の自分の言動がいかに自分の成長や周りの成長に良くない影響を与えていたか、

ものすごく実感させられる今日このごろです。

まだまだ感情が抑えきれずにヒートアップする時もありますが、

そんな時は一旦深呼吸をして、

相手がどういう思いでそう言ったのか、何を伝えたかったのかを

考えるようにしています。

そうするとそもそもヒートアップするようなことではないことに気付いたり、

相手の本当の思いに気付けたりすることがあります。

 

自己の成長もとても必要なことですが、

先ずは自己成長に付随するものに目を向け耳を傾け、

行動していくことが大切だなと感じました。

笑顔でいると幸せはたくさんやってくる

6月からほぼ毎日本を読んでいます。

子供の絵本でさえ読むことに苦痛を感じていた私ですが、

これだけ毎日本を読んでいると、

知らぬ間に本を読むことが楽しくなってきました。

本屋に行くと、すごくワクワクしている自分がいることに、

自分が一番ビックリしています。

 

「ドキドキ」「ワクワク」「ウキウキ」

聞くだけでハッピーな気持ちになりますよね。

自然と口角が上がってきますよね。

そう、笑顔になりますよね(^^)

笑顔は自分が嬉しいことを相手に伝えるためのサインです。

笑顔を見せられると見せられたほうも嬉しい気持ちになります。

私の近くには、

いつも元気でパワフルで笑顔が耐えない人がいます。

その人は本当にいつもキラキラと輝いています。

一緒にいるとこっちまで笑顔になるくらい元気をもらっています。

ふと、自分はどうだろう・・・

ここ何年か(2〜3年?)自分の内側から外に解き放つような笑顔になれたこと、

ない気がします。

なんなら「今日は機嫌が悪いね。」と周りに思わせてしまうオーラを

放っていることのほうが多かったかなと。

ところどころで「ハッピー★」とは思うことはあっても、

過ぎてしまえば消え去るくらいのハッピーだったなと感じています。

 

何を以て「ハッピー(幸せ)」と感じるかは、人それぞれ違います。

幸せな気分で人生にも満足している人ほど、

他の人に親切なことをするそうです。

そうすると親切にされた人も幸せな気分になり、

結果ハッピーは広がっていきます。

365日24時間ずっと笑顔でハッピーでいられるかと言われると確かにそうですが、

少しでも多くの笑顔とハッピーを広げていけるよう、

まずは自分が笑顔とハッピーな気持ちにならないとですね。

 

余談ですが・・・

「幸せになる秘訣」

朝食に黄色いものを食べること!

オススメはバナナとオムレツです。

黄色は人を幸せにする色と言われています。

朝から黄色いものを食べてハッピーな気持ちで一日のスタートをきってみませんか。