大切な誰かの為…

2020/8/20

誰かが見ている

ブログをまだよくわかっていない私は色んなところをクリックしながら

どんな機能があるのかなどを調べていると…

「なるほど、なるほど…。…アクセス解析?これって何だ?」と思い

聞いてみると、これは私のブログを見た人なんだと。

1人しかURLを教えていないのに、それ以上の人が見ている。

知らない誰かが私のブログを見ているんだ…

そう思うとすごく緊張感が走った。

「ブログは見られてしまうので「誰かの為に」それも「大切な」とつけて

良いくらい。「誰かの為に書く」という姿勢が大切だ」と…

 

「大切な誰か」って誰?

人や友達と接することがあまり好きではない私には友達が少ないw

休日を誰かと過ごすより1人で過ごした方が気が楽だと思ってしまう。

極力、人と喋りたくない、無言でいる方が好き、

車内も音楽もラジオもかけず無音が居心地が良い。

でも社会に出るとそうはいかない、家族が出来るとそうはいかない。

以前に比べるとだいぶw喋るようになってきた私には、

それぞれの場所で「大切な誰か」が少しづつ増えてきた。

また、離れかけていた「大切な誰か」も心の内に戻ってきた。

考えると大切な誰かってたくさんいるじゃん。

 

じゃあ今日は…

そんな大切な誰かの中から、今日は「私の前ではカッコつけて俺様な長男坊」

にしようw

長男坊は高校3年生。

シングルマザーで小学3年生、中学3年生、高校3年生とトリプル入学で

ガチで泣きそうになったw

しかも高校は私立。

でも家族を顧みず、5年程仕事に没頭していた私は、子供の言うことに対して

反論が出来なかった。

私は好きなことを好きなだけやらせてもらっているのに、子供にダメとは

言えない。

サッカーをする為に私立に行きたいといった長男坊の背中を押すことが

私の役目、そう感じていた。

私は小さい頃によく母から「お金がないから」「ゴミは溜まるけどお金は

溜まらない」「節約、節約」という言葉を聞かされ、

子供ながらに親に負担はかけるまいと高校は私立の特待で入学した。

結局、部活で結構なお金がかかって負担をかけたのだがw

そういう過去もあって、自分の子供には、特にシングルマザーだからと

いって、我慢や負担をかけさせたくないと強く思っている。

私立の推薦でも合格するかわからないと言われていた長男坊だが、

無事に入学し、サッカー部に入った。

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

ビックリするくらいにお金がかかるwおったまげた。

高校3年生でやっと私立高校も授業料が実質無償化。遅いわ(-_-)

なんだかんだで時はたち、今週末の試合が最後となる。

家族総出で観戦予定w

俺様長男坊ではあるが、この子には本当に感謝している。

離婚した私に「お母さんのせいでこんなんなったんやきね。」と

言われることもあった。私は何も言い返せなかった。

しかし私が仕事に没頭していた間、長男坊は弟と妹のお世話をちゃんと

してくれていた。

仕事に行く私を見て号泣する妹をいつも慰め面倒を見てくれた。

ケンカはするが、弟のこともいつも気にかけてくれていた。

本当に最高の自慢の長男坊。

いつもありがとう。

ケンカするほど仲が良い3人兄弟は、今もなお布団を並べて3人で寝ている。

 

誰かに何かを伝える

そんな俺様長男坊に、思春期だから仕方がないかとも思いながら、

「誰に向かってそんな口を利いてるんだ!」ということもあるけれど、

かわいくて仕方がない。

だけどそれを面と向かって表現することが出来ない私は、

いつも冷酷な態度をとってしまう。

最近はそんな自分を改めようと、長男坊と会話するように心がけている。

人に何かを伝えるって、ちゃんと言葉にして伝えないと伝わらない。

特に距離が近ければ近いほど。

「言わないでもわかってよ」「ここまで言ったらあとは言わなくても

わかるでしょ」って。わかるわけない。

自分の思いは自分の口からちゃんと伝えないと伝わらない。

言わなかったらないものと一緒。

人に何かを伝えるのって簡単なようで難しかったりもする。

でも言わない限りは伝わらないんだよ。

 

俺様長男坊のおにぎり

面倒くさがりの長男坊だが、料理をする時(たまにしてくれる)だけは

ちゃんとググって、しかも大匙小さじを使って料理するw

昨日は「おにぎり食べたいから作って!」というと、ちゃんとググって、

ネギを切り出し…

f:id:ananRabbit:20200820221509j:plain

愛情たっぷりのおにぎりを作ってくれた🍙

ありがとう。

 

最後の試合、思いっきりプレーして楽しめよ!