笑うしかない

2020/9/2

 昨日の決断

昨日に下した彼の決断を、今日は彼から彼女たちに伝えるという

大きな試練が待っていた。

彼女たちの思いも複雑だったが、彼もまた苦しかっただろう。

彼の決断に納得しているものの、彼女たちと私の思いが覆るとこはなかった。

ただ彼が「やりたい」と下した決断に対しては、

「彼が言うなら…」と理解を示した。

皆が皆、苦渋の決断だったかもしれない。

どことなーく空気が重い現場。

それぞれが今起こっている課題に真剣に向き合い考えて出した結果。

本当に苦渋の決断だった…。

 

みんなでやろうと決めた矢先…

しかし、私も彼女たちに全力でコミットすると伝え、

みんなで走り出そうとしていた矢先…

その判断が一瞬にして壊れた。

彼から私への電話が鳴った。声が暗い。もしかして…。

はぁ~やっぱり…。

彼女たちと私の言っていたことが的中した。

こうなるとわかっていた私たちの思いを押し切って決断した彼。

まさか本当に、しかもやる前からこうなるとは思っていなかっただろう。

でもそれを私たちはわかっていた。

それでも彼に判断を任せた。

それは彼に成長して欲しかったからだ。経験して欲しかったからだ。

面食らって落ち込んでいる彼はずっと「申し訳ない。」と口にしていた。

申し訳ないと口にするのはあなたじゃないでしょ。

自分の決断が間違っていたと思わないで欲しい。

間違っていたのではなく、上手くいかなかっただけ。失敗しただけ。

まさか決断して数時間後にこうなるとは、誰も予想はしていなかったがw

これも良い経験になっただろう。

決断しても上手くいかないことなんてざらにある。

私はある人に教えられた。

「人間関係において、信用されたいけど信用されてはいけない。

信用したいけど信用してはいけない。この距離感を常に意識すること。」

だと。

 

元気を出して

かなり落ち込んでいた彼。

元気を出して!といってもそうはいかないかw

と言いながら現場が終わり帰宅した私。

自宅についた途端に猛烈なめまいでフラフラし立っていられない。

疲れているのかなと、そのまま布団に入り睡眠をとる。

彼になんだかんだ言いながら、実は自分が一番面食らっていた。

疲れからなんじゃない。

この1件でどこかで小さな期待、信じていた自分がいたのだと思う。

それが一瞬にして砕け散り、自分が気付かないうちに

相当なショックとストレスを抱えていたのかもしれない。

こんな日もあるよね。

 

ありがとう

今回、みんなの反対を押し切って決断した彼。

反対しながらも彼の決断を理解してくれた彼女たち。

それぞれ思いはあったと思うが、結果も良いものではなかったが、

みんなで決めたことに挑戦し、ついてきてくれて

本当にありがとう。

素敵なチームだ。

数か月前だと、ここまでまとまっていなかっただろう。

でもやっとここまで辿り着けた。

もっと自分に自信をもってこれからも前に進んで欲しい。

チームってなんなのか、この経験で感じ取れたと思う。

みんなで前に進んでいこう。

 

失敗は成功のもと

正にその通り