久しぶりの休日

2020/9/11

今日は久しぶりに終日休み。

メンタルも弱っていることもあり、今日は何をしようかと昨日から考えていた。

新しくオープンしたサウナに行こうかと考えてもいたが、

やはり自分の体に心が追いつかず、一日中部屋に籠っていた…。

布団から立ち上がれない…あ~ダメ人間だ。

やっとの思いで立ち上がった時には既に14時w

こんな日もあるよね。

何をしようかと思っていた矢先、メンバーからメールがきた。

メール内容の業務を片付け、目がぱっちり覚めたので、

とりあえず納豆ご飯で腹ごしらえ。

そのメンバーからきた、ふざけた写メを見ながら(他のメンバーのふざけた顔の

写メだった)元気が出た。

 

自己肯定感とは…

 自己肯定感を持つにはどうしたら良いのかと思い、ずっとPCに向かっていた。

書いてあることが全て自分に当てはまる。

今考えてみると、私は昔から自己肯定感が低かったわけではない。

というより、自分がどうのこうのと考えたりすることがそんなになかった。

社会に出た経験もなく、きちんと社会人として働きだしたのも今の会社が初めて

だった。だから今そういった課題にぶち当たっているのだろう。

自分という人間が存在し、会社の中でもプライベートの中でもその自分という

人間が存在している。

存在することによって自分にも周りにも影響を与えている。

それを意識するようになった瞬間から、今まで感じる事のなかった自分の

自己肯定感が芽生え、周りの目がより一層気になるようになった。

日々叱られては泣きながら我武者羅にやっていく中で、自己肯定感なんて

持てる環境ではなかった。

出来ない自分は駄目なんだ、完璧でないといけないんだと思い込み、

それについていけない自分を目の当たりにしてはまた落ち込んでいくという

負のループに陥っていた。

たまに褒められても喜べない、何か裏があるんじゃないかとか、

そういう思考にしかならなかった。

今思えば相当な自己肯定感の低さの持ち主だ。

自己否定をすることで、自分が頑張っているのを認めて欲しいと

思っていたんだと思う。

そりゃ成長しないし周りと差がつくよね。

 

自己肯定感を高めるには

自己否定している自分の行動に気付き、受け入れ、許可する。

気付いたところでそれを自分で受け入れない限りはそこから進めない。

出来ない自分に対して、じゃあどうしたら出来るのか。

出来ないことを出来るようになるって難しいからやり方を変えてみたらと

教えてもらった。

そういう方法もあるのか。

でもそのやり方をみつけることが私にはまだ難しいというのが本音だ。

あとは自分をもっと褒めて好きになる。

駄目駄目と思っているばかりじゃ自分がきつくなる一方だ。

他人をどれだけ褒めたって、自分で自分を褒めることが出来ないと、

他人を褒めた時に感情なんて伝わらない。

もっと今の自分を認めて好きになってあげよう。

完璧な人間なんてそういないんだからもっと楽に考えよう。

自分が変わりたいと思ってまだスタートしたばかり。

躓かずにゴールに向かおうなんて甘すぎる。

これもゴールに向かうための試練だ。

明日からまた頑張ろう。