8年間のサッカー生活の最終日

2020/10/17

今日は長男坊のサッカー試合。

負ければ引退。

そんなことも特に意識せず、いつもと変わらぬ長男坊。

良い、良い、それで良い。

いつもと一緒が一番。

 

14:00キックオフ。

開始早々ゴール‼‼

前半には2-0で、誰もがこれは勝つと思っていた。

だけど後半…なんと2点いれられ同点。

そのままアディショナルタイム…延長戦…。

それでも勝負つかずでPK戦

PK戦もなかなか勝負つかずだった。

最後の最後で相手チームが決め、試合は終わった。

本当にドキドキハラハラの試合だった。

終わった途端に私は涙が出た。

いやー本当に良い試合だったし、感動した。

そしてなぜかとても寂しかった。

「これで終わりか…。」

最後の日を迎え終わった長男坊より、私の方が哀愁漂っていたw

そしていまだに寂しくて哀愁漂っているw

あとは次男坊の高校生活か…。

帰りがけに長男坊と次男坊に進路について話をした。

長男坊は変わらず短大志望で、サッカーは遊び程度に続けたいと。

次男坊は公立高校志望でその為に塾に行きだしたのだが…

「にぃのサッカーを観ていたら、僕もにぃと同じ高校に行きたい。」と…。

なにーーーーーーーーーーーー‼‼

2人して私立高校か…一応シングルマザーだぞ。

母子手当ももらえていないんだぞ。

短大と私立高校か…ちょっと泣きたくなったw

でも何かをしたくてそこに行きたいのであれば、

私は全力で応援して背中を押してあげないと。

種目は違えどスポーツをする為に、それも自分と同じ高校に子供が進学してくれるって

すごく嬉しいし、応援してあげたい。

次のサッカー観戦までは日が空くが、また観戦できる日を楽しみにしていよう。

 

引退した長男坊は明日からもう部活がない。当たり前だがw

私は引退試合で憔悴し、そこからなかなか抜け出せずにどん底まで落ちた。

大学でも陸上を続けるというのに、走る気力が全くなくなり、

もちろん走らなければ体力は落ちていく一方で、

結局現役の頃のように戻れなくなった。

大学に行っても練習も授業もサボり遊びとバイトばかりしていた。

挙句の果てには子供が出来、親には本当に心配と手をかけさせてしまった。

もし、その時に立ち直っていれば、私は今この仕事をしていないだろうと

いつも考えていた。

本当だったら、高校の教免をとって母校で陸上のコーチをしているはずなのにと。

結婚して何度そう思ったことか。

でも違う道を歩いたことで今の自分があるし、

今はこの道が間違っていたとは思っていない。

人生何があるかわからないから、途中で全く違う道を歩いて行くこともある。

だけど自分の後悔のないように進んでいって欲しい。

たとえそれが間違っていたとしても、その時はまたやり直せば良い。

子供達には自分で決めた道を突き進んでいって欲しいと思う。

 

長男坊、今までお疲れ様でした。

とてもかっこよくて素敵な姿をいつも見せてくれてありがとう。