改めて気付いたこと、感じたこと

2020/10/30

今日はメンバーとの面談があった。

私のマネジメントしてくれている彼も一緒にね。

すごく心強かった。

でもまだそう思っているうちは自分に自信が持てていないんだろうな。

それはさておき、面談と面談後の彼との話で今日はまた得たことがいっぱいあった。

先日のブログでも触れたけど「本当に無駄なのか」ということ。

話の中で彼が「上手くいかなかったことはあるけど、無駄になったことは一度もない」

と言っていた。

それって自分の行動を無駄にしないように一生懸命に精一杯にやり切っているって

ことなんだと思う。

だから上手くいかなくてもそれを決して無駄と思うことはないんだろう。

私もそれくらいやらないとなと身が引き締まった。

上手くいかなかったときに言い訳ばかりして、何かのせいにしている。

出来ない理由ばかり探してあたかも自分が正論のように言っている。

上手くいかない、出来ないんじゃなくて、

本当は自分はやりたくないと思っているからそういう結果になるんだろうね。

ということに改めて気付いた。

そしてもう1つ。

メンバーは少なからず私たちを頼っているし必要としている。

なのに私たちはそれに応えようとしていない。

その場しのぎで返答しているだけ、もしくは自分の考えを押し付けているだけ。

もちろんメンバーが言っていること全てに対応するのかと言われれば、

場合によってはそうでないこともある。

でもそうであることに私たちが向き合っていないから、

そりゃメンバーとも上手くいかないし、課題は残ったまま悪化していく一方だよね。

そういうことを繰り返してきた結果が今なんだろう。

メンバーはスピード感ある行動についてくる。

前々からそれは言われ続けていたけど、出来ていなかった。

私は今は意識してやってはいるけど、それでもまだスピードが遅い。

メールも極力直ぐに返すように意識はしている。

でもまだまだ意識が薄いんだろうな。

面談をしながら自分が反省するところがすごくあった。

みんな変わらないといけないんだろうけど、なかなか変われないし、

どう変わって良いかなんてわからないよね。

だからやり方を変えて仕組みを創っていかないといけないのだ。

それがスピード感を持って出来れば、自ずとメンバーも変わってくるはずだ。

全てにおいて今の状況を創っているのは自分。

だから過去も今も未来も自分が変えることが出来るのだ。

今の自分が変われば過去の自分だって変えれる。

ただ「今」の自分が変わらないと何も変えられない。

これはみんなにも知っておいて欲しいな…。