今の環境に甘えるな、自分から発進して失敗してたくさん学べ

2021/1/25

コーチが入社して1年が過ぎようとしている。

コーチが来てから色々なことが変わった。

私自身を取り巻く環境もグーンと変わった。

それまではその時の自分にとっては良い環境とはなかなか言えなかった。

とにかく怒られては泣くという毎日で、それに耐えるのに必死だった。

捻くれたど根性だけでここまでやってきたと言っても過言ではない。

コーチが来てからやっと私には心理的安全性というものが出来た。

過去の出来事は変えられない、だけど意味づけは変えられる。

その時は本当に「なんなんだこいつ、クソ野郎。」と思っていた。

あっ、CEOにねw

ずっとCEOと一緒にやって来て、それはそれはもう…ね。

でも今、過去を振り返ると、その経験があってこそ今の自分がいるのだ。

今では本当に貴重な良い経験をさせてもらったと心から思っている。

もしかするとCEOはこれを計算ずくでやっていたのか⁉w

とは言え、同じことをさすがにメンバーに対してはやれない。

これはCEOだから出来たことなんだろう。

今のメンバーやマネージャーって、私からすると本当に良い環境、

心理的安全性が確保されていると思うくらい恵まれているんじゃないかと思う。

まっ、比べるものが私の過去だったらそうなるか。

私からメンバーやマネージャーに言えるとしたら…

とってもきつい言い方にはなるけど、

「楽して成功すると、上手くいくと思うなよ」といったところかな。

楽はしていないかもしれないけど、

失敗せずに全てが上手くいくと思ったら大間違いで、

そんな人に成長なんてあり得ない。

周りに強力なメンバーや上司がいるという安心感を持つのではなく、

常に自分から行動、発進していける人になっていって欲しい。