私が大事にしている事

2021/3/4

私はプレイヤーでもありマネージャーでもあり、

ありがたいことに多くの経験をさせてもらっている。

今はヘルプの時くらいしかプレイヤーになることはないけれど、

マネジメント以外でも介護技術や介護知識をレベルアップさせたいと思い、

それに対して勉強をしているところである。

介護技術をレベルアップさせる為には、

実際にご利用されている方々と接する事になるのだが、

10年介護に足を突っ込んでいてもまだまだだと思い知らされる日々である。

未だに失敗する事も多々ある。

そんな中で私が最も大事にしている事は、

ご利用されている方々に対して「私たちと同じ「人」である」という事。

認知症であれ、ご高齢であろうと、私たちと何も変わらないのだ。

ましてや私たちより長い人生を歩んでいる大先輩である。

介護を始めて今現在まで、多くの人と関わってきた。

何か理由があってそうしているのかはわからないけど、

「何でそんなに上から目線で、命令口調、否定、ため口で接するの?」

と思うことがたくさんあった。

「人」として接されていないような感じで私はそれがすごく嫌だった。

だから私は「私たちと同じ「人」である」ということを大事にしている。

もし自分の親がそんな風に接されていたらと思うと、

その施設には信用も信頼もないだろう。

こんなこと当たり前だと思う人もいるだろうけど、

それが出来ない人もいるのが現実だ。

認知症であれ、ご高齢であれ、

同じ空間をみんな同じように過ごしていける場所を創っていきたい。