働くお母さんって大変なんだぞ!!

2021/4/14

子供がいながら働くお母さん。

もちろん私もその中の1人。

まだ結婚していた頃は、旦那さんや義理の両親と祖父母から、

「まだ子供が小さいのに働くなんて、子供が可哀想。」

と何度も言われたものだ。

正直、あなたの息子の稼ぎじゃ生活が出来ないからだろと、

絶対に言ってはいけないことを心の中で思っていたw

それに毎日子育てと家事をしながら家にいるということが、

ストレスにもなっていた。

日本はまだまだ「女性」というだけでハンディキャップがある。

特に「働く」ということにおいては。

「子供がいます。」ということを口にすれば、面接の時点で不採用。

採用されたかとて、

子供が病気で仕事を休むと白い目で見られる。

子供がいるというだけで安心して働くことさえ出来ないこの社会。

私はそんな社会を変えたいと思い、今の会社で働いている。

だけど、現実はやはり厳しいものでそう上手くはいかない。

子供が小学生、中学生、高校生になろうと、

私たち母親にとってはいつまでも子供なのだ。

それを理解が出来ない人がやっぱりいるのが現実。

大きくなっても子供にしてあげることはたくさんある。

学校や習い事や部活の送迎、お弁当作り…。

子育てをしながら働くって容易なことではない。

かといって「仕事が」とか「子供が」とか言い訳も出来ない。

働くお母さんって、本当に大変なんですよ。

私は両立が出来なかったし、今も出来ている自信はない。

でも、私がこのモデルにならないと、

ここで働く女性に心理的安全性なんてないだろう。

CCO補佐、プレイングマネジャー、子育てをしている今こそ、

モデルケースを創っていくチャンスだと思っている。

これこそ「私にしか出来ない仕事」だとw

ただ1つ言っておきたいこと。

それはね、

仕事でも家庭でも、働く女性が「仕事が」とか「子供が」と口にしている限り、

状況は絶対に変わらない。

自分の周りの環境が変わっても、

「あなたたち自身が変わらないといけないところもある」ということを

忘れないで欲しい。