失敗しても良いんだよ、先ずは行動すること

2021/5/31

マネジャーの彼の悩み相談。

簡単に言うと、メンバーの言っていることが何が言いたいのかよくわからない。

じゃあ何でそんな状況になっているのか。

たぶんそのメンバーは、

「失敗したらダメ」

「マネジャーが答えを持っていてその答え通りにしないといけない」

「失敗すると迷惑かけてしまう」

と思って、なかなか行動に移せないのかなと。

だから全ての着手が遅れてしまう。

遅れてしまうから後手後手になる時がある。

どうしたら良いですかねーと悩んでいた彼。

彼の想いもわかるし、そのメンバーの気持ちもわかる。

私はコーチが入社してくるまではCEOと一緒にやっていて、

正直「失敗したら怒られるから、失敗してはいけない。」とずっと思っていた。

単純に、失敗をしてはいけないというよりは、

怒られることが怖くて仕方なかったし、怒られたくなかった。

だからCEOが思っている答えを言わないといけないんだと常に考えていた。

だけどそんな答えなんてわかる訳もなく、いつも怒られていた。

メンバーからすると失敗した時の、

心理的安全性」がないんだよね。

「失敗しても良いからやってこい!」って言ってくれる人が欲しんだよね。

それが私にとってはコーチだったかな。

だから今はメンバーに対して、

「失敗したら私が謝罪に行くから大丈夫!」って言っている。

だってそれが私の仕事だから。

メンバーは失敗を積み重ねて成長していくもの。

その失敗をフォローするのがマネジャーの役目だよ。

という話をさせてもらった。

必ずしもマネジャーが言うことが正解ではない。

あなたが思っていることの方が上手くいくことだってある。

だからもっと自信を持って欲しいし、

人のことを気にする前に行動して欲しい。

そしてたくさん失敗して欲しい。

上手くやろうとしても上手くいかないことの方がたくさんあるからね。

失敗を怖れず、先ずはやってみよう。