何事も常に変化をし続ける

2021/12/13

「介護」

この言葉を聞いて思い浮かぶものは何だろう。

これにはたくさんの言葉が出てくると思う。

おじいちゃん、おばあちゃん。

車椅子、ヘルパー、おむつ交換。

たくさんたくさんあるだろう。

私が介護に携わってから思い浮かぶ言葉。

「出来なくなっていくことをしてあげている」

というネガティブ感情。

これをみんながハッピーと思えるようになるにはどうしたら良いか。

私に何が出来るのか。

そういう想いで今、介護というものに携わっている。

「子育て」も同じように、

母親がするものといったネガティブ感情がある。

自分が、誰かがやってあげないと、やらないといけないという、

変な使命感。

それって誰の為にもならないしなっていない。

未来には「介護」や「子育て」といったワードがなくなり、

もっと違う表現でハッピーなものになる、

それを実現出来るのが今の場所だと思っている。

ただ、私1人で出来ることではない。

だから年齢や業種など何にも縛られず、

たくさんの人が集まり、

みんなで未来をつくっていく。

そんな想いに批判や反発はつきもの。

それは重々に理解している。

全てが上手くいくわけではない。

だけどいつまでたっても昔ながらのやり方で、

「してあげている」「見てあげている」

「だから私が一番偉いんだ」

的な考えを持っている人も中にはいる。

時代が変わるにつれ、ニーズも刻々と変化していく。

そういった背景も取り入れながら、

常に変化し続ける自分でありたいと思う。