アウトプットとインプットどちらも苦手なのか?

コロナが猛威を振るう今日このごろ。

ただいま私も濃厚接触者で自宅待機中。

毎日、終日家族で過ごすのは・・・やはり苦痛です。。。

 

自宅待機中というわけで、この間に読書に励んでいます。

かといってどれだけ本を読んでインプット(読む・聞く)しても、

それをアウトプット(話す・書く・行動する)しなければ意味がありません。

インプットしたものは、脳内の「海馬」に2~4週間保存されます。

その間に何度も使われると「側頭葉」の長期記憶されるのです。

だいたい2週間に3回使った情報は長期記憶されるそうです。

私は今まで

「とりあえず最後まで本を読む」

「大事なところ、心に残ったところはアンダーラインを引く」

「わからない言葉が出てきたらググる

などなどやってきましたが、

どれだけたくさん本を読んでも、それをアウトプットしなければ、

なんの意味もないのです。

というわけで、先ずはノートに書くということから始めました。

そして次はブログで話す。

とはいえ、まだ始めたばかりで書くことはできても、

ブログで話すことが難しい・・・。

人に話す、伝えるってどうしたらいいんだろう。

でもこれができないから人とコミュニケーションが取れないんだろうな・・・。

でも待てよ??

そもそもアウトプットの前にインプットがうまくできていないのか?

インプットしているようで実は理解ができていないのでは?

だから人とうまくコミュニケーションが取れない?

 

「たかが本」だけど「されど本」

インプット、アウトプットがうまくできなくても、

気付かされることはたくさんある。

もしかするとインプットができていないかもということに気付いたので、

さっそく次はインプットの本を読んでみよう。