「もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』・『イノベーションと起業家精神』を読んだら」 ~続き~

やっと濃厚接触者の待機期間が明け、昨日からやっと出勤です。

ずっと家にこもっていると人恋しくなりますが、

仕事に行きだすと家にいたいと思ってしまう私です。

 

さて昨日の続きです。

「マネージャーを辞めたい」

そう思ったときが本当の辞め時だったのかもしれません。

ただ辞める前にどうしても1つだけやりとげたかったこと、

メンバーに残したかったものがありました。

それを達成するまでは辞めれない。

それは「売上げ達成」です。

わが社では店舗ごとに売上げを達成するとインセンティブが付きます。

最初の店舗では達成するまでに1年半かかりました。

私の中での目標は3ヶ月で達成するつもりでしたが、

それはなかなかハードルが高いものです。

ちょうどこのときが5ヶ月目くらいだったでしょうか。

あと1歩のところまで迫っていました。

自分がマネージャーとして何も結果が残せていない、

だから売上げだけは誰よりもと思い、

本当に必死に取り組みました。

目標に遅れましたがみんなの力で、約6ヶ月で売上げは達成しました。

正直、嬉しさよりは「ホッ」とした気持ちのほうが大きかったように感じます。

この1ヶ月後くらいかな・・・

マネージャー降格の話がありました。

 

今だから言えること。

このおかげで今、少しずつですが視野を広めることができています。

そして少しずつですが決心する気持ちの準備もできています。

自分の居場所がここなのか、別のところなのかはまだわかりません。

だけど今はそれをゆっくりと時間をかけて自分で見つけていきたいと思っています。

 

少なからずチームとして(これは以前のチームですが)、

どれだけ大変でどれだけきつくても、メンバーが「楽しい」と思って

仕事に取り組んでいた時期もありました。

その時と今回と何が違っていたのか。

気付けたこと以外にもきっともっとたくさんあると思います。

貴重な経験をさせてもらったことに感謝しながら、

さーて次に進んでいこう。